離婚する人、しない人。

先日、学生時代の友人からシングルマザーになったと連絡をもらいました。旦那さんとは10年以上付き合っての結婚、とても仲が良く、可愛い息子も産まれ、年賀状やブログには家族の笑顔がいっぱいだったのに…とにかく驚きました。
それと同時に感じたのは、本当に離婚する人はおおっぴらに離婚を公言しない事です。

これは私の弟夫婦の話です。結婚式を一ヶ月後に控えたある日、弟の嫁から
「両親には言えない相談がある」と私に連絡がありました。
話を聞くと、弟とこの先やっていく自信がない、弟の愚痴を言われました。

他所様から見たら出来の悪い男かもしれません。でも私にとっては自慢の弟、身内の悪口を言われるのはやはり面白くありません。でも弟夫婦には幸せになってもらいたかったので、約6時間ひらすら嫁の鬱憤を聞き、弟本人からの話も聞きたいからとその日は別れました。
しかし数日後には嫁の両親が登場、離婚する、離婚しろの修羅場の末、挙式は中止になりました。
ところが数ヶ月後、元に戻って夫婦を続けますと二人から報告がありました。犬も食わない夫婦喧嘩に見事私が噛んでしまった苦い思い出です。

よくSNSなどで旦那さんの悪口に加え、離婚をほのめかすような話題を発信する人がいます。
でもそういう人に限って数日後には旦那さんと仲良しこよし、離婚なんてどこ吹く風…心配して損した!なんて経験はないでしょうか。
実は私も離婚経験者です。
全ての手続が終わるまでは、ごく一の親友にしか離婚する事は伝えていませんでした。格好よく言えば気持ちの余裕がない、話す気力がなかったのです。
何年も経てば笑って話せる事もあるけれど、揉めてる真っ只中の当事者はものすごいエネルギーを使います。正当化する訳ではありませんが、離婚をするという事は簡単な事ではありません。だからこそ無闇矢鱈に「離婚」を口にして欲しくない、貴方が何気なく発したその言葉に、本気で心配する人もいる事に気がついて欲しいのです。

貴方の周りで「離婚してやる!」と吠えている方はいませんか?
安心してください、その人はきっと離婚しませんよ。本当に離婚を考えていたら、そっと貴方に相談してくるか、決着が着いたら電撃報告があるはずです。
私の離婚あるある話でした。

母として妻として女性として・・

専業主婦でママをしていると一日がとても早く終わる。大体時計を見ては10時、12時、15時、18時と過ぎ去ってく。日中は子供と体を使った遊びをしてクタクタになりながら、少しの休憩で昼食、夕食の献立を頭で考えながら子供の会話をしつつ、最初は頭がパンクになるかと思ったが慣れるもので今はそれが普通となった。

この「子育て」という仕事は、外に仕事に復帰した時に必ずや能力が向上していると思います。なんたって何かをしている都度、邪魔が入るのです。でも怒れないし感情的になれません。何故だか自分の忍耐向上の修行となります。
ようやく3歳になりました。これまでは必至に子育てしてきました。自分のことは二の次でトイレも食事も思うようにならず泣きたい気持ちを抑えて頑張ってきました。

イヤイヤ期も過ぎ去ろうとし、オムツももうすぐ取れそうでやっと手を焼くことが少なくなってきました。子供を産んで3年、最近になり自分の時間を持ちたいと気持ちが自然に向いてきており、映画の録画をしたり作りたかったお料理のレシピを探したり美容を研究しようとしたり自分を大切に出来るようになってきました。

母親ってすごいですね。皆こうして乳飲み子の時期は自分を犠牲にして生きていける。
父親にはこの強い優しい感情はわからないでしょう。
男の人は「自分が一番」でモノを考えますものね。皮肉でも文句でもなく皆父親の行動心理を聞くと子供より「自分が一番」になるのは笑えます。
生き方の差なのでしょう。もうすぐ私は女性と妻に戻れそうです。

変わった娘?!

我が家の娘は現在8歳です。骨太家族の血を受け継ぎ、ガッチリとしています。
昔から背が高く年長の時には小学3年生くらいに見られていました(笑)本人もそれを嬉しそうにしていましたが、やはり年頃になると背の順で並んだときに1番後ろになったり、席替えをしても1番後ろにされたり…っと、致し方ない事情で最近は大きいことを気にしていたりします。
そんな娘は昔から目立つことが大の苦手で、とくに小学校に入学してからは大変でした。

背の大きさも目立ってしまう要因の為、ことさらに気になってしまってるようです。本人はとにかく目立たない係や、休み時間も図書室に行って大好きな読書をしています。皆が楽しそうに駆け回っている中、読書。。。。ひたすら読書。
親としては読書家になるのは大歓迎ですが、体を動かすこともしてもらいたいと言う葛藤があります。
本人が好きで読書をしているのだったら良いことなのでしょうけど、そのままひきこもり等にならないか心配しておりました。

しかし、3年生になってからと言うもの仲良くなった子といつも楽しそうに遊んでいます。単に友達を作るタイミングが無かっただけなのか、子供の能力というのは開花すると凄いんだ!っと言うことが良く分かりました。

さて、内面も社交的になってきたところで夢の国に行こうか!っと言う話になり、いよいよ夢の国デビューかと思いきや…

怖いから行かない!着ぐるみ怖いから無理!!(それはいっちゃダメなやつ汗)っと言うことで、現在まだ行けていない。

いろんな人に行けば楽しくてはまっちゃうよ!って言われても…無理!っの一言。
ちなみに映画館も暗いから怖い…っとの理由で行けていないんです。

決して周りに合わせようとは思っていませんが、経験として早いうちに行った方が感性も刺激されるだろうと…親としては思ってたのですが、なにせお子さまランチのメニューはほとんどが嫌いなモノ。ハンバーグも唐揚げも嫌いなんです。娘は出来れば納豆と味噌汁が食べたい。無いならお蕎麦を食べる。。。っと言う始末で…
何だかこちらの方が子供のようで…娘は既に大人のようです。

いや、逆に体は大きくても心は幼稚なのか?!ただのビビりなのか?!
こらからはゆっくりと一緒に成長して行きたいと思います。

変な生活

私の生活はある意味ハードです。
平日は夫の仕事を手伝い、やっと休日かと思えば夫の子ども(再婚したので)が遊びに来る日々がず~っと続いています。
何がハードなのかと思うかもしれませんが、簡単にいうと休みがない状態というか…気が休まらないというか…。

血が繋がっていなくても毎日一緒に過ごしていければ今の心境(モヤモヤ)にはならないと思うのですが、親権はこちらにはなくて母親と父親の家を行き来している状態なわけで私の立場からしてと~っても中途半端な感じなのです。

だからその子に対しても深入りできないというこの気持ちはわかってもらえず、「もっと愛情をかけてあげろ」「冷たすぎる」と注意され、ただでさえ疲れるのに更に追いうちかけられ…まさに気が狂いそうになります。
私の思考回路が未熟なのか…理不尽なことを言われているのか言われるたびに考えます。

ただ教科書も参考書もないのでわからず終い。誰か教えてくれる人はいないのかと毎回思います。
友達にも同じ境遇の人はいないし、周りはみんな知らない人だらけ(地元じゃないので)…。
ストレス発散にショッピング!…したいけど、お金は夫に管理されているので無理ですし。

自由がほしい!!と、頭によぎったりもしますが「結婚に向いてない発想だな…いけないこの考え。」やっぱり自分がおかしいのかな~と思ってみたりもします。
色々考えてたら、気分がた落ちするので考えるのや~めた!っていう繰り返しが私の変な生活です。

物忘れの症状で困っています。

私は最近年齢的なものなのか、はたまた家事に育児に多忙なためなのか、物忘れが非常に多いです。以前から物忘れは気になってはいましたが、最近その症状はひどくなってきました。

例えば子どもの学校に必要なものがあると連絡があったりしても、当日に用意するのを忘れてしまったり、洗濯物をすべて干し忘れたり、ひどい時は玄関のドアを開けたままで外出してしまったりすることがあります。またガスの火を消し忘れるのは何度も経験していて、このままでは命にもかかわる状態になりかねないと思い、何とか物忘れをしないようにしたいと思っています。

しかしながら、高齢者であれば認知症かもしれないということで病院の物忘れ外来などを受診することも可能なのでしょうが、私はまだ40歳手前です。どうしたらいいかわからないので、以前から通院している心療内科の医師に相談しましたが、体が思うように動かなくなったりすれば脳のどこかに異常があってそれに伴う物忘れの可能性もあるけれども、今のところランニングなど適度な運動をこなすことができている、ということで今は小さい子の育児があって満足に休めないのが原因だという風に思っておけばいいと、言われました。

ただいくら体に異常がなくてもやはり物忘れは気になり、時には家族や子どもの習い事の保護者にまで迷惑をかけてしまってはいけないと思ったので、自分なりにさまざまな対策をしています。

まずは睡眠不足にならないようにしっかりと寝ることを心がけています。睡眠不足になると、いつもより物忘れがひどくなってしまうので、今は子どもの寝る9時半ごろに自分も一緒に就寝しています。

また栄養状態がよくないと、頭がぼーっとしてしまうので、食事は三食しっかり摂るようにしています。私は精神疾患で食事が思うように摂れないこともある上に、昨年の夏まで授乳をしていたので現在の栄養状態はあまりよくないと自分で思っています。

そしてそれでもまだ物足りないと思うので、リファブレンも摂取しています。サプリメントなのであくまで気休めなのですが、これを飲みだしたら少しは頭がすっきりして物忘れが減ったような感じもします。

物忘れ防止をめざそう!

現在も物忘れには悩まされていますが、自分なりに対策できそうなことをしっかりとやって、楽しくすっきりとした生活をしていきたいものです。

風邪を引かないための努力

最近、急に寒くなってきました、寒い季節に何よりも気になるのは自分と家族の体調管理です。

30代になり体調を崩しやすくなった自分のこと、2歳と4歳の娘もいるし、仕事に忙しい主人もいるし更に70歳を超えた義母も一緒に暮らしているので、風邪とはいえ悪化すると肺炎など重病の心配も出てくるし、酷くならないにしても子供が体調が悪くなると機嫌が悪くなり世話が大変になるので悪い菌を入れないようにする!ということに細心の注意を払うようになりました。

といっても子供を一日家に置いておくことはできないのでついた菌を落とすことしかできないので、ありきたりなことですが、帰宅時、食事前の手洗いや、外出時にはマメに除菌スプレーをしたり、お茶は持ち歩いてこまめに水分補給をして喉を洗い流すようにしています。

それでも幼稚園に行っている4歳の娘はしょっちゅう鼻水が出たり、咳をしたりするので、家族間でも風邪菌をもらわないようにしなくてはいけません。家の中でもマスクをして、お箸なども絶対共有しないなど、正直毎日のことなので面倒くさいな、と感じることもあるのですが体調不良になってからの苦痛を考えればたやすいことなので気を付けています。

子供もまだ小さいのですが、家に帰ったら手洗いうがいをしっかりすること、咳をするときは手を口に当てることなど、風邪を引かないようにすること、周りに風邪を移さないようにすることが当たり前の習慣になるように教えています。

昔から当たり前のように思っていた健康が一番だということを、母親になってからより強く感じるようになりました。
今年の冬も元気でいられるように頑張ります!

マスクの日々から脱却

最近では、マスク女子という言葉もできているくらいマスクをしている女性たちを街中でよく見かけます。
例にもれず、私も最近では冬場は毎日マスクばかりの日々です。
それまではまったく気になっていなかったのですが、マスクを付けるようになってからマスクを付けて一日を過ごしているとなぜかマスクが変なにおいがすることに気づきました。

最初のうちは気づかなかったのですが、何日も匂いがするのでもしかして・・・と思ってみたら、やっぱり原因は自分の口のにおいのようでした。

口臭って周りはあまり指摘しづらいことだと思うし、もしかしたら私ってずっと臭ってたのかな・・・と思ったら、いてもたってもいられなくなりそれからはマスクが手放せない日々になりました。

マスクをしていると自分はすごく臭く感じるのですが、マスクをしている分周りにはあまり臭いが感じないのではないかと思い、その頃は少しでも周りの人に臭いと思われたくない一心でした。

そして、時間ができるとしょっちゅうネットで「口臭」や「口臭対策」を調べていました。
ネットではたくさんの体験談や対策方法が載っていましたが、そんななかでたまたま見つけたのが「ばらの香りのサプリ」でした。

たくさんの口コミで口臭がなくなったという経験談とともに「ばらの香り」という点にも惹かれて一度試してみようかなって思いネットでポチッとしました。
値段もそんなに高くなく、これで口臭がなくなるなら安いもんだと思い飲み始めることにしました。
飲み始めてすぐはバラの香りはよく実感できませんでしたが、飲み続けているとマスクを一日中つけていても自分の臭いにそんなに気にならなくなっていました。
今では、マスクをつけていないですがそんなに口臭は気になりません。

参照:http://xn--vckj2g8cl4g.in.net/