マンションの大家と賃料交渉をしました

今週、不動産会社を間に挟んで、賃貸マンションのオーナーと賃料について交渉をおこないました。今年の8月末日が賃貸借契約の満了日にあたるので、契約を更新する必要があるので更新契約書を受け取ったのですが、次の賃貸借契約期間の2年間の間に、マンションの大規模修繕が実施される可能性が高いらしいのです。このため、大規模修繕の期間だけ、賃料を半額にしてくれるように交渉をおこなったのです。

大規模修繕とは、マンション全体を黒いネットと覆ってしまい、マンションの周辺を足場で組んで建設会社の職人さんが歩きまわれるようにするのです。そして、マンションの外壁のひび割れの有無や、コンクリートの劣化状況などを調査し、問題箇所を発見すればその個所を修繕するのです。この大規模修繕の期間は、マンションの規模にもよりますが、私が住んでいるマンションの場合は6カ月かかるそうです。
つまり6カ月間、天気の良い日の昼間でも、室内は真っ暗となりますので、室内では灯りをつけないといけません。それに、ベランダ際に足場が組まれていますので、灯りをつけていると建設会社の職人さんに中を見られてしまいます。

このため大規模修繕期間中は、日照権とプライバシーの権利を侵害されると主張して、この期間中だけ賃料を半額にしてくれるよう交渉したのですが、オーナーの回答は5000円の減額でした。私が住んでいるマンションは人気があるので、交渉が決裂して私が退居しても、すぐに入居者が見つかると思ったのでしょう。
仕方がないので、私は5000円の減額で妥協しました。悔しいです。

友人の家で猫の部屋の臭さにびっくり

我が家では動物を飼ったことがなかったため、私は猫の匂いなどに耐性があまりありませんでした。「ウチ猫3匹飼ってるよ。可愛いから是非遊びにきて!」と言われて遊びに行ったら、部屋の匂いにびっくりしてしまいました。

主に猫の遊び道具などが置かれた部屋に案内されたのですが、あまり掃除はしないそうで、匂いも他の部屋よりもキツく、正直目にもしみるほどでした。

猫もある程度衛生面に気を使えば、匂いも軽減されると思うのですが…。

友人の家では、猫は放し飼いで日中も自由にさせているらしく、外で足をベタベタにして帰ってくることもあったそうです。なのに足を入り口で拭いてあげるわけでもなく、部屋に入れてしまってました。やっぱり人も猫もキレイにしてあげるのが一番いいですね。

ペットの猫の世話が上手な友人は、猫の部屋が臭い時はこまめに掃除をしていたようです。特に、猫は物を拾ってくることが多く、ネズミなども捕まえてきてしまうため、掃除は忘れずに行った方が良いと聞きました。
猫が拾ってきたネズミやスズメがそのまま気付かずに部屋にある…なんてことは衛生面も悪いですし、何より怖いです。

人のいるところだけでなく、猫のいる部屋をキレイにしてあげることを忘れないであげてほしい。と友人は言っていました。部屋自体には、消臭としていつもリセッシュを使っているそうです。

消臭剤を使用しても、猫の匂いはどうしても残ってしまうそうですが、しないよりはマシになるそうなので、猫を飼っている方は、遊びに来る方のためにも消臭剤を使用してた方が良いと思います。

ボーナスの活かし方

ボーナスの活かし方はリスクをとることができない人は定期預金に預けるべきです。しかし、ただしメガバンクや郵貯銀行に預けても金利は低いので、自分でインターネットを活用して少しでも金利の高い銀行を見つけて預けなくてはなりません。

ただ、銀行などの金融機関に預けて年利0.5%にも満たない金利を受けることしかできないのが嫌な方は、投資信託を購入したり、日本国債を購入したりするかもしれません。
しかし、私は投資信託や日本国債を購入することはあまりお勧めできません。なぜならば、これらの商品は予定利回りが定期貯金よりはましではありますが、やはり低いからです。

私の場合は、日経平均先物に投資することがいいと思っています。この金融商品は10円動くと先物ミニで千円先物ラージですと一万円動くので、ボーナスという百万以下の金額を資産運用するのには、お金を増やすのも減らすのも手っ取り早く結果が出るので、非常にいい金融商品だと私は思っています。

ただし、このような金融商品に手を出せる人はほとんどいなく、大抵の場合は日経平均株価連動のETFに手を出すくらいが関の山です。そのため、いざボーナスを手っ取り早く増やそうと思ってもリスクをとることを恐れ現物株式の取引に終始してしまう人が大半です。

ただし、投資で成功する人は大抵の場合投資を始めた直後にとてつもないリスクをとり、金融資産を一気に増やし、その大儲けした資産を元に後はゆっくり資産を増やしていく人が多いのです。

子供の時のトラウマってなかなか消えないですよね

皆はジェットコースターって乗れますか。私は一回転しないものだったらぎりぎり乗れるんですけど、グルグル回転するものは乗れないですね。というか中学生くらいの時に一度乗ったんですけど、その乗ったジェットコースターの回転が物凄く怖くて、それ以来トラウマになってしまいました。もしかしたら今乗ったらもう平気かもしれないですけど、自ら進んで乗るといった事はしないはずだったんですが、先日富士急ハイランドに行ったとき自分は見学しているといったのですが、無理やり乗せられました。

久しぶりのジェットコースターは、恐怖もまあまあありましたけど、我慢できないほどではありませんでした。すごく怖いんじゃと思って緊張したのか、肩に力が入っていたんでしょうね。下りたあと肩が痛くてたいへんでした。なぜか友人がぬるグルコサミンあゆみEXを持ってて。グルコサミンの効果は絶大だぜ、とか言いながら塗ってくれました。何のために持ち歩いているのか、深くは聞きませんでしたけど。

肩の痛さに紛れて、多少ジェットコースターの恐怖は薄れていましたが、思い返せばやっぱり怖い。もう二度と乗るもんか!どんだけジェットコースターに恐怖を覚えているんだと思うでしょうが、子供の時のトラウマって大人になっても引きずっている事ないですか。

例えば小さい頃から高い場所が苦手な人って大人になってもそうじゃないですか。私もずっと高所恐怖症なんです。もしかしたら気合で克服している人もいるかもしれないですけど、なかなか恐怖を乗り越えるのって難しいじゃないですか。そして高所恐怖症で今思ったのが、ジェットコースターがそこまで得意じゃない理由の一つに高い場所だからじゃないかとよぎりました。まさかの今この瞬間、自分でも気づきました。

もしかしたら同じスピードで地上を走るタイプなら平気で乗れてしまうかもしれません。でもそれは全く違うアトラクションになってしまいますね。怖さは怖さでもお化け屋敷ならぐいぐい行けちゃうんですけど、ジェットコースターは違う恐怖があるんですよね。私にとっての大絶叫アトラクションです。
おすすめの塗るグルコサミンのランキングはこちら

ソクアイでまさかの卒業

私は高校が男子校で高校時代は特に女の子と接点のない生活を過ごしていました。大学に入って周りのみんなが童貞じゃないことに驚きを隠せませんでした。そこで焦りを感じどうにかして卒業したいと思い、出会い系を使おうと考えてソクアイを入れてみたんですがやはり見た目がサクラのような女の子であふれていて使い物にならないなと思っていた矢先、近くに明らかに普通のサクラではない地味目な女の子がいたのでアタックを仕掛けてみると、、、向こうも同じような状況で大学に入って処女が恥ずかしいという女性でした!意気投合しそのまま食事をすることになりましたが二人とも異性との接し方がわからずぎこちないままとりあえずホテルへ。二人とも恥ずかしがりながらそのままことを済ましてわたしの卒業しました。

ソクアイはサクラが多いですが本当の女の子もいなくはないです。そこを見極める力さえあれば誰でも簡単に女の子に出会えることが出来るいいアプリだと思います。そしてそこに登録してる女の子は少なからず欲求不満であるので必ずゲットできると思います。それまでは他のSNSで女の子と絡んでいましたがなかなか会うまで発展できないことが多かったのがソクアイをつかったらすぐ出会えたので他にはない速効性と使いやすさがあるとおもいました。友人に勧めてみたら友人も一週間で一人は出会えると言っていたので自分の容姿に自信がない人にもこのアプリはお勧めできるとおもいました。ただサクラに捕まって無駄に会話を続けていると全く出会えないし意味のない時間を過ごすはめになるので注意が必要です。

家族が爪水虫です

いままで知らなかったんですが家の父は爪水虫らしいんです。たまに父の足を見る機会があってちょっと爪が汚くなってるかなーとは思っていたんです。でもまさか水虫になっているとは思いませんでした。今まで黙っていたんでしょうか。確かに水虫と言うとなんだか恥ずかしい響きですが、家族ぐらいには言っておいて欲しいもんです。というのも水虫と言うのは人にうつるらしいのです。

お風呂場のバスマットなどを通して感染するらしいです。今まで感染は別にしていなかったのですがもし感染していたらただ事ではありませんでした。爪が汚くなるのは嫌ですし、私はサンダルを良く履くので爪はきれいに保っておきたいのです。爪水虫は治りにくそうなので治療も面倒くさそうです。そこでできるだけ感染しないようにバスマットを新しく買ってきて、頻繁に洗濯するようにしてもらいました。

家は今までバスマットをどれぐらいの頻度で洗濯していたかは良く覚えていませんが、そんなに頻繁には洗濯していなかったと思います。なのですぐに洗濯をできるように、洗い替えのものを二つ買ってきたのです。あとは父に5本指ソックスを買ってきてプレゼントしました。五本指ソックスを履くと指と指がくっつかないので、水虫が広がりにくくなるんだそうです。医者には行っているようなのですが、あんまり本気になって治そうとしていないみたいだったので、もっとちゃんと治してくれと言っておきました。

今は爪水虫に効く「クリアネイルショット」という薬もあるようです。詳しくはこちらのサイトで紹介されています。今度はこの薬をプレゼントしてみようと思っています。本人にとっても早く治った方がいいと思いますし、私もうつされたくありませんので早く治らないかなと思っています。爪水虫は症状が進行してしまうと足の指が腐ったようにグチャグチャになってしまう事もあるそうですし、酷くならないうちに治るといいなと思います。

バラの前で本を読む人

たくさんきれいな花をつけたアンネのバラが市内にはあるのです。

それは 主人の前任校の校庭。
念願の現場復帰最初の学校です。
朝礼で主人はアンネの誕生日前にこのバラの話をし
校庭に一株の苗を植えました。
4年前の事です。

我が家と違って日当たりも良いというだけでなく
よく手入れもされていたのでしょう。
本当に見事な花をたくさん咲かせているのです。

昨日その小学校のバラの話を聞くことができました。
在校生の父親の一人が その場所が好きで
休日などにはバラの前に椅子を置き
一人で本を読んだり ぼんやりと花を眺めて何時間かをすごすのだそうです。

他にも保護者や 地域の方がお花見にやってくるのだとか。

その話を聞いてとてもうれしくなりました。
そのバラのいわれを知る人も知らぬ人も
花の美しさで少しの時間だけでも豊かな気持ちになれるなんて
本当にうれしいことです。

植えてよかったと 心から思いました。

今日は私もバラの前に椅子を置いて のんびりしてみたくなりました。

でもね 実は私大失敗してしまったんですよ。
バラの近くに金魚の池(ベビーバス)を設置してしまったのです。
バラって本当は消毒が必要なんですってね。
今までそれをほとんどやらなかったせいか黒点病にかかり
毎年夏以降は情けない状態でした。

今年こそ薬使ってあのいやな病気をやっつけようと思っていたのですが
こんな近くに金魚がいたのでは 怖くて使えませんよね。

バラも一病息災ということで
今年も黒点病と付き合ってもらうしかないのでしょうね。

毛を切るだけの簡単な仕事?

トリマーをしていました。汚れた犬猫を扱うので汚いし、臭かったです。それに対して嫌悪感はありませんでしたが思っていた以上に過酷でした。まず、基本的なブラッシングも根元からきれいにとかさないとプードルなんかは毛が縮れますし、爪切りも血管ギリギリで切ったつもりでも出血してしまうこともありました。痛がって噛みついてくる犬もいました。保定の仕方も犬に無理のない態勢をさせるので人間に負担がかかりとてもつらかったのを覚えています。

カットもただ短くするだけではなく、犬の体格がよく見えるように考えてカットしたり、フローリングで滑らないように肉球の周りをきれいに刈ったり、顔のカットはどこから見ても丸く仕上げたりすることも大変でした。目の周り、口の周りも危険なので特に気を使いました。資格を取るまでには技術の取得はもちろん噛まれることへの恐怖との闘いの日々でした。

トリマーの資格はなくてもお店で働けるそうですが、実際学校などに通って勉強をしない限り正しい知識や技術を学ぶことはできないと思います。また、働かせてもらいながら勉強させてくれるところもあまりないと思いますし、充分に練習する時間もとれないからです。学校に通い、何度も失敗し、怒られ、噛まれることを繰り返すことによって耐性も根性もつくと私は思います。それに実際お店で働いてみると飼い主さんからはカット以外の質問、相談もたくさんされます。成長過程での健康相談、皮膚疾患の相談、フード等、動物のプロのような扱いをされます。トリマーの資格、知識だけではなく、病気などの知識もつけなければ飼い主さんとの信頼関係は築けないと思います。
トリマーの資格を取りたい!通信講座のおすすめは?

気になる目の下のピクピク

毎年1年に1回~2回位、2・3日から長いときは3週間位の期間を目の下のピクピクで悩まされていました。人と話してる時もなるので「大丈夫?」とか声をかけられることもあり、かなり苦痛でした。頭か何かの病気かと思いネットで調べたり、知り合いの看護師さんに相談してみたりしたところ、原因の殆どは目の疲れ、もしくはストレスなのだそう。なので、早速目の下のマッサージをしたり、寝る前に温めるアイマスクをしたりしました。もちろん少しでも疲れないようにパソコンやスマホも使う時間を減らしたり睡眠時間をしっかりとったりもしました。すると、眼精疲労、ストレス解消両方につながったせいか気づくとなくなってました。それからはピクピク始まってもすぐに対処できるので悩むこともほぼ無くなりました。

知人で神経系の疾患で治療が必要と病院で言われた方もいるので一概には言えませんが、ほとんどは疲労だと思います。ピクピクでかえって悩んでしまいストレス抱えることもあるので気楽に、ピクピク始まってもあまり気にせず、「疲れてるからリラックスしよう」とか「しっかり休もう」と思って温めたり寝たりするのがいいと思います。体からのお疲れサインですね。現代社会は眼精疲労の原因になることだらけですし、ストレス社会でもあるのでピクピクに悩まされる方は本当に多いと思います。スマホ普及で平均睡眠時間も短くなってきてますし、本当に現代病の1つだと思います。病院に行って「病気じゃなくてよかった。」と思うのも安心材料になりますし、知人のように本当に治療が必要な方も早期発見は大事だと思います。なので気になったら放置ではなく、自己ケアなり病院いくなり早めに動くことがポイントだと思います。

ハクビシン

ひとりで古い家に住んでいる母は
何か月か前からおかしなことをいっていました。
「夜中になるとへんな音がする。だれか廊下を歩いていて障子をがたがたゆするんだよ。」

最近少しは良くなったのですが、しばらく前は一人暮らしになったストレスや寂しさもあって
かなり情緒不安定。
「私の耳元で小さい声で『これから うんといじめてくれるからな』と言った。」
「『やめろ。おまえなんか出ていけ』とどなられた。」
と主張していましたから。
もちろんそんなこと言うはずありませんが。

睡眠導入剤もいただいて飲んでいたくらいですから
それと同じように夜中にぼんやりしていた時 聞こえるはずのない音も聞こえるのでは?
なんて思っていました。
それともモノノケか幽霊?

それでも一晩私が泊まって様子をみようと言っても
と断られ、そのままにしてしまっていました。

ところが最近このあたりで同じような事の起きる家があると言うのです。
どうやらハクビシンの可能性があるみたい。
実家でも軒下に干しておいた干し柿が少しずつなくなっていたりもするようです。
家の中のものも荒らされているとか。

あれこれ調べてみると農作物の被害だけでなく
天井に巣をつくることがあり。そこにまとめて糞をするので建物の被害はかなりとか。

他の自治体のHPなどを見るとバルサンを焚いて家からいなくなった例も多いとか
出入り口までふさげるかどうかはともかく
とりあえずは 焚いてみようとたくさん購入しました。
ところが母は
「〇ちゃんが バルサンなんかじゃ死なないから 庭に罠を仕掛けてくれることになった」
と言います。
彼女は野生の動物を捕獲する免許(?)をもっているのですって。
「夜中に家に入ってくるから その前に庭に罠を仕掛ければ大丈夫」
とのこと。